不動産用語
読み方
説明
間口 まぐち 間口とは、敷地や建物を、主要な方向から見た時の幅のことです。
敷地や一戸建ての場合は、道路に接している側の長さをいい、マンションの場合は、バルコニーなど大きな開口部がある側の長さをいいます。
「スパン」、「フロンテージ」などともいいます。一般的に間口が広いと、使い勝手がよく、特にマンションなどでは開放感のある間取りを採用できるので、通風・採光にも優れています。間口の狭いものを「フロンテージ・セーブ型」、「うなぎの寝床型」などともいいます。
みなし道路 みなしどうろ みなし道路とは、建築基準法42条2項によって「道路とみなされたもの」をいいます。2項道路とも呼ばれています。
1950年11月23日以前から建物が立ち並んでいる幅員4メートル未満の道で、特定行政庁が指定したものは建築基準法上の道路とみなされます。この場合、道路の中心線から2メートル下がった線が道路の境界線とみなされ、敷地の一部が道路部分とみなされます(いわゆるセットバック部分)。
みなし道路に指定されることで、幅員4メートル未満の道路にのみ接している土地であっても建物を建てることが可能になります。
無指定 むしてい この用語は、さまざまな意味に用いられています。
1、都市計画区域内で、用途地域が指定されていない地域のことをいうこともあります(無指定地域)。
2、都市計画区域内で、市街化区域・市街化調整区域のどちらにも指定されていない区域のことをいうこともあります。
3、さらに、通称として、都市計画区域の外側にある土地のことをいうこともあります。
メーターモジュール めーたーもじゅーる 設計する際の基本寸法を、1メートルとして、建物を建てることです。
日本の一般的住宅では従来、3尺(約90センチメートル)を基本とした尺モジュールが使われていました。しかし、最近ではバリアフリーへの対応などから1メートルを基本寸法としたメーターモジュールを採用する住宅が増えています。廊下や階段の幅など、尺モジュールに比べて広く取れるので、車椅子なども通りやすくなります。
メゾネット めぞねっと メゾネットとは、一つの住戸が2階層になっているタイプのことです。
マンションの間取りでも、戸建感覚があるのが特徴です。各住戸は共用部分への出入り口をもつ階と、共用部分に接しない階からなり、2つの階は住戸内の専用階段で結ばれています。
ロフトと似ていますが、ロフトが建築基準法では居室と認められない空間なのに対し、メゾネットタイプの上階は、居室の基準を満たした空間です。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行
こだわり条件検索


こだわり条件検索
アパート
マンション
一戸建
店舗・事務所・倉庫
駐車場
借土

こだわり条件検索
新築住宅
中古住宅
新築マンション
中古マンション
土地
収益物件
不動産買取
不動産の売却は
信頼と実績の当社へ!
リフォーム
無料査定
不動産購入の流れ
不動産用語解説
ダイエーホームモバイル