不動産用語
読み方
説明
バルコニー/ベランダ ばるこにー/べらんだ バルコニーとは、建物の外壁から張り出した、屋根のない手すり付きの露台のことです。
本来は1階に作られた屋根のあるものをベランダ、2階以上に作られた屋根のないものをバルコニーといいますが、厳密に使い分けられてはいません。
マンションでは、バルコニーは共用部分にあたるので、改造を加えたり、緊急時の避難通路の妨げになるようなものを置くことはできません。
引き渡し ひきわたし 引き渡しとは、土地・建物の事実上の支配を移して、引渡しを受ける人が自分の利益のために支配できるようにすることをいいます。
土地の場合は、囲いを作って、引渡しを受けた人の所有地であることを記した標識を立てたり、建物の場合では、鍵を渡すなどの方法で行われます。
不動産業界では、一般に、次のような一連の手続によって所有権を移転することをいうようです。
●残金清算
●所有権移転登記の申請
●鍵の引渡し(建物の場合)
●確認書類への署名と押印
●分担金等の清算
●関係書類の受渡し
●諸費用の清算など
表示登記 ひょうじとうき 不動産の物理的状況を明らかにするため、不動産登記簿の表題部になされる登記のことを、表示登記といいます。
原則的には、表題部の記載に変化があった場合になされるすべての登記を表示登記といいますが、一般的には、建物を新築した場合などに、登記簿を新たに開設して表題部を設けるための登記をいいます。
表題部には、土地の場合、所在・地番・地目・地積が、建物の場合、所在・家屋番号・種類・床面積等が表示されます。
新築建物が完成または引き渡されてから1ヶ月以内に表示登記を申請する義務があり、これを怠ると10万円の過料が課せられます。
なお、表示登記の申請は、土地家屋調査士に依頼するのが一般的です。
広縁 ひろえん 広縁とは、奥行の深い縁側のことです。
3尺(91センチメートル)ほどの奥行のものを縁側、4尺(120センチメートル)以上の奥行のものを広縁とするのが一般的です。
吹き付けタイル ふきつけたいる 吹き付けタイルとは、仕上がりの表面がセラミックに似たセメント系の複層仕上げ材で、主に外装用に使うタイルのことです。
コンクリートやモルタルなどの下地に、まず下塗りをして、主材のベースを吹き付けてから、模様吹きの上塗りをして、3段階の工程を経て陶磁器質タイルの風合いを出します。
仕上げは、ローラーやコテ、圧縮空気などを使って、表面に月面のクレーター状に凹凸模様をつけます。「タイル状仕上げ」ともいわれます。
附帯工事費 ふたいこうじひ 附帯工事費とは、建物以外にかかる工事費のことで、別途工事費ともいわれます。
具体的には、次のようなものが該当します。
●古屋解体費用(古い家屋がある場合)
●土地改良工事(地盤が弱い場合)
●水道引き込み工事(水道管から敷地が遠いと費用アップになる場合もある)
●塀や門扉、車庫、造園などの外構工事
●空調工事(エアコンの取り付けや標準装備外の設備工事)
●内装、インテリアなどのオプション工事
●その他、標準仕様、標準装備以外の断熱工事やコーティング工事、防音工事など
普通借地権 ふつうしゃくちけん 普通借地権とは、更新のある借地権のことです。
1992年に借地借家法が施行され、更新のない定期借地権が新設されたことに対して、更新のある借地権を普通借地権といいます。契約満了時に、更新を拒否する正当な事由が地主の側になければ、借地人の希望によって契約は更新されます。
借地権の存続期間は当初30年とし、更新第1回目は20年、以降は10年となります。
また、契約終了時に借地人が建てた建物が残存している場合は、地主に建物買取を請求できます。
所有権が第三者に渡った場合に、借地人は第三者に対抗(借地権の主張)できます。
不動産鑑定士 ふどうさんかんていし 不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価を行う国家資格です。
国土交通省が実施する不動産鑑定試験に合格し、不動産鑑定士名簿に登録された人をいいます。
不動産の鑑定評価は、不動産鑑定士以外の人が行うことは禁止されています(刑事罰の対象)。すなわち、不動産の鑑定評価は不動産鑑定士の独占業務であり、高度な知識と専門性、高い倫理観が要求される専門家といえます。
不動産鑑定士の主な業務は、路線価の評価や国有財産の評価など公的業務のほか、個別不動産の鑑定評価や会社資産の評価などがあります。ちなみに試験の合格率は2006年度2.0パーセントの超難関でした。
不動産取得税 ふどうさんしゅとくぜい 不動産取得税とは、不動産を取得したときにかかる地方税のことです。
土地や住宅を購入したり、家屋を新築、増改築したときに、1度だけかかる税金です。
不動産取得税の金額は
取得した不動産の課税標準額×3パーセント
となります。また、2010年までに宅地を取得した場合は、取得した価格の2分の1が課税標準額となります。
ただし、次の金額未満のときには不動産取得税はかかりません。
土地 10万円未満
家屋 新築および増改築 23万円未満
その他12万円未満
また、マイホームの場合には一定の減額措置が受けられます。
不動産登記 ふどうさんとうき 不動産の物理的状況と権利関係とを法的に明らかにした制度のことを、不動産登記(所有権移転登記・所有権保存登記・抵当権設定登記)といいます。
土地や建物がどれくらいの面積であるか、あるいは、誰が所有者なのか、抵当権が設定されているのかどうか、外部から見ただけでは第三者には分かりません。そこで、国家機関の法務局(登記所)が管理する帳簿(登記簿)に記載し、一般に公開(公示)することによって、取引の安全と円滑化を図ることにしたのです。
不動産の所在や面積などの物理的状況は登記簿の表題部に、所有権に関する事項は権利部の甲区に、抵当権など所有権以外の権利は権利部の乙区に記載されます。
なお、平成17年より施行された改正不動産登記法により、インターネットによるオンライン化が推し進められています。
ペアガラス ぺあがらす 1枚の板ガラスの間に乾燥した空気やガスを密封したもので、複層ガラスとも呼ばれます。
最近では、ガラス間を真空にしたタイプもあります。ガラス間の空気などの層または真空層が、外からの熱や冷気の侵入を防ぐため、断熱性に優れています。
そのため、室内温度が外気温などに影響されにくく、冬の寒い時期でも室内側のガラス面が冷たくならず、カビやダニの原因となる結露ができにくいといわれています。
ただし、1枚1枚のガラスが通常のものより薄いものは割れやすく、通常と同じガラスでは窓が重くなりすぎるという難点もあります。
壁芯面積/壁心 へきしんめんせき/へきしん 壁芯面積とは、壁や柱の厚みの中心線で測られた建物の面積のことです。
建築基準法では床面積は壁芯面積のことを指すため、広告やパンフレットなどに記載されている建物面積や専有面積は、壁芯面積で表示されています。
一方、壁の内側の寸法で測られた面積を内法面積といいます。
マンション等の区分所有建物では内法面積で登記されるため、パンフレットなどの専有面積より、実際の登記面積はやや狭くなるので注意が必要です。
保証金 ほしょうきん 貸ビルで、テナント料の滞納や損害賠償を担保するために支払われる金銭を、保証金といいます。
貸家の敷金に当たります。
保証金は、敷金と同様に、退去時まで無利息で据え置かれるのが一般的です。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行

こだわり条件検索


こだわり条件検索
アパート
マンション
一戸建
店舗・事務所・倉庫
駐車場
借土

こだわり条件検索
新築住宅
中古住宅
新築マンション
中古マンション
土地
収益物件
不動産買取
不動産の売却は
信頼と実績の当社へ!
リフォーム
無料査定
不動産購入の流れ
不動産用語解説
ダイエーホームモバイル